Roombaから観たIoT

  

先日完成したお客様宅のルンバ君です。中々の男前です(笑)計画時より彼のことも考え設計しておりました。シンプルで省スペースな存在ではありますが、それでもリビングやダイニングにそのままというのはどうでしょうか。今回、彼の寝床を確保してあげました。普段は見えないところで休息(充電)をしてもらい、家族が出掛けたらスルスルと出てお掃除開始。

寡黙な彼ですが居場所は音ですぐわかります(笑)

クローゼット扉を開いた状態(写真)でギリギリですが通過可能です。苦戦しながらも彼はちゃんと通過していきます。さすがAI(人工知能)ですね。最近耳にした「IoT」という言葉。皆さまはご存知でしょうか?パッと見た瞬間、新しい顔文字?かと(笑)Internet of Thingsの略で、モノがインターネットを通じて情報交換することで相互に制御する仕組みだそうです。詳しくはこちら▶Wikipedia ルンバもその一例。スマホ連動できるので外出時に彼を遠隔操作することができる。

AI(人工知能)やIoTなど、どんどん私たちの生活環境(家庭や職場)にこのような仕組みが入ってくる・・・。将来は建築設計もAIによるプランが出来るようになるでしょう。そのときに人間だからできる価値提供を磨いておかねば必要とされなくなるだろう。これから「AI」「IoT」がどんなカタチで入ってくるのか注目したい。