カーテンの優先順位は?

  

デザインリフォームやリノベーション工事の際、
「カーテン工事」の優先順位はどんな位置?

空間の中でカーテンや家具のマッチングが悪いと
どれだけ“箱”にこだわっても台無しになりがちです。

一言でカーテンといっても様々な種類があります。
写真はプレーンシェードというスタイルです。
Pシェード1 Pシェード2 Pシェード3

他にもロールスクリーン、ブラインド、ウッドシャッター等という選択もあり
何をチョイスするかで空間は様々な顔を見せてくれます。
要は何を選ぶか、どう合わせるか。

スタイルのいいモデルさんのような人でも
服、靴、鞄等のコーディネートが悪かったらとても残念。

それはカタチであったり、色であったり、素材であったり
家の空間とよく似ています。

普段着ている服であれば、チョイスが悪かったからといって
簡単に着直すことができますが家となるとそうもいきません。

窓の装飾なのか、空間演出なのか、どこにこだわりたいのか、
バランスがとても大切。
そんな空間の重要ポジションにいる「カーテン」
後回しではなく最初からしっかり練って検討したいものです。